持続可能な松本平創造カンパニー わおん♪

活動の目的

ひとりでも多くの人が環境のことを考えながら生活を送ることを目指して、気軽に楽しく体験できる環境教育をおこなっていきます。松本平に関わるこどもから大人までみんなが、より活発に、積極的に過ごせることを目指して、地域コーディネート事業を展開していきます。

活動の柱 その1 =自然体験・子どもの体験活動=

わおん♪自然探検隊

自然探検隊

小学校3年生から中学生を対象に塩尻市内の里山でのキャンプや基地づくりなどを通し、自然の中で自由に遊べる遊びの達人を目指した自然体験活動。H23年度は6回実施、H24年度は8回実施予定。

自然体験活動リーダー養成講座

自然体験活動を普及するために、リーダー養成を実施。

幼児自然体感充実プロジェクト

主にシニアを対象にした自然体感リーダー養成講座を行い、塩尻市内の保育園に自然体感リーダーが出向き、自然体感活動を実施。

出前イベント

保育・幼稚園、児童館、子ども会や子育てサークルなどに自然体感や簡単クラフト、仲間作りゲームなどを提供。

活動の柱 その2 =地域コーディネート事業=

情報誌「げんすけがゆく」の発行(年4 回程度)

塩尻の元気を伝える情報誌で、市内外の市民活動団体やこどもと環境活動を紹介する。

インターネット放送部

インターネット放送部

Ustream、YouTube等を活用して塩尻の元気を伝えるインターネット放送部「しおじりiBC」を運営。

レベルアップのための研修・講座をコーディネート

講座

地域プロデューサー養成講座(塩尻市委託事業)、目指せ仕事の達人、NPOのための経営研修会などを実施。

Ryo-en メーリングリストの運用

様々な活動を通して知り合った塩尻市周辺のメンバーで情報交換を行っています。87名登録。

シンポジウム、交流会の実施

塩尻・市民サミット(塩尻市委託事業)、げんすけ祭り、げんすけお茶会など、情報交換や活動紹介の場を企画。

活動のきっかけ

滋賀県で環境教育を柱に活動していた山田さん。結婚し帰郷を機に、塩尻市内に環境活動を広げようと、2008年に「持続可能な松本平創造カンパニー わおん♪」を設立し、夫婦二人三脚で活動を開始。市内で活動する市民活動団体の情報が手に入りにくい現状に、市民活動の情報を発信しよう!と地域コーディネート事業も展開。

わおん♪の活動に触れて

活動の2本の柱にぶれない活動になら、何でも挑戦するという山田さん。わおん♪のアンテナは、常に「地域のために何かをしたい人」の方を向いています。そして、わおん♪の幅広い活動に触れると、一緒に何かをしたくなるのです。 活動の中では、自然探検隊で7mのつるをするすると登る子、そのつるに今は登れない自分の実力が分かっていて、いずれ登れるようになる子、そんな姿を見ることができる自然体験活動を続けて行きたい。また、継続していく事で、参加した子が成長し、サポーターになって活動に関わってくれるのが夢。と語ってくださいました。 現在は、「げんすけを着ぐるみに!プロジェクト」を展開中。寄付により、塩尻市内で開催されるイベントの盛り上げや、子どもたちとのふれあいなどで活用していくげんすけの着ぐるみをつくります。目標額は400,000円。2012年の玄蕃まつりを目標に制作金を集めています。