ステップアップファーム

みんなのフィールド・ステップアップファーム

ステップアップファーム 鈴 キーホルダー

設立をしたのは、2001年11月。さまざまな障害を持った親子22名で活動をしています。会費等はありません。いつでも、集まれるとき自由に来て、気軽に活動できる場所…をモットーにしています。
活動開始のきっかけは、絵手紙の講師である、堀内優子さんの、「子供たちの描いた絵を年賀状にして販売しましょう」…ということからスタートしました。その際の会の名称は、“ステップアップクラブ“。2010年6月に農場「みんなのフィールド・ステップアップファーム」を作り、野菜生産を始めるにあたり、会の名称を”ステップアップファーム”に改名、現在に至っています。中島代表が、「会員はもちろんボランティアの力も借りて、1日で農場の整備ができたときは、本当にびっくりして大きな感動を得ました。」と、感慨深げに話をしてくださいました。
主な活動内容としては、農場で栽培した、約20種類ある野菜の生産・販売、花の生産・販売、及び、年賀状の作成・販売になります。最近は、保護者の方によるミニ小物(お財布・キーホルダー、マスコット等)の販売も始めました。また、今まで親から離れて暮らしたことのない会員の自立する機会になればと宿泊の場を提供したりするなど、自立生活支援の手助け等も行っています。
平成24年度は、NPO法人化を予定しています。市の認可を受け、障がい者の作業所として認可をされることで、高等部を卒業後の生徒の受け入れ先になることも可能になります。現在の会員の中にも、「卒業後はここで働きたい…」と希望してる方もいるそうです。
また、「みんなのフィールド・ステップアップファーム」は、西友塩尻西店の南側駐車場の奥にあります。敷地は約1700平方メートル。花壇やベンチなどもあり、お散歩中の方や、小さなお子様を連れたお母さんが、「入ってもいいですか?」と一休みしていくときもあるそうです。「みんなで、自由に楽しんでいただけたら、こんなうれしいことはない。健常者も障がい者も関係なく、だれでも気軽にはいれる憩いの場所となってほしい」と、中島さん。子どもたちへの熱い思いを感じることが出来ました。

子どもたちが描いた絵を年賀状にしました

年賀状1 年賀状2 年賀状3 年賀状4