輝け農村女性“夢とロマンのパフォーマンス”

2013年1月24日

参加者の笑顔が輝いたファッションショー

人生をおしゃれに!~食の美・装いの美・暮らしの美~

「美」をテーマに

小林洋子先生の講演
1月18日レザンホールにて、塩尻農村女性いきいきネットワーク会議主催「輝け農村女性“夢とロマンのパフォーマンス”人生をおしゃれに!~食の美・装いの美・暮らしの美~」が開催されました。
今年第20回となるこのイベントは、女性がいきいきと輝くためのテーマを毎回設けており、今回は「美」をテーマに講演会とファッションショーの二部構成の内容で、150名を超える来場者を迎え開催されました。
塩尻農村女性いきいきネットワーク会議は、塩尻市農業協同組合女性部・洗馬農業協同組合女性部・塩尻生活改善グループ連絡協議会・塩尻市考える農業学習塾・塩尻市農村生活マイスター会議の5団体により構成されています。
平成24年に「第4次塩尻市農村女性行動プラン」を策定し、塩尻市の女性が自ら歩み進むべき姿を表すとともに、「農」「暮らし」「和」「地域」「食」の分野の課題達成のための指針としています。

参加者の笑顔が輝くファッションショー

開催にあたり、塩尻農村女性いきいきネットワーク会議会長の山崎恵子さんから「私たちは、5年毎に見直す塩尻市農村女性行動プランに基づき、今年の輝け農村女性“夢とロマンのパフォーマンス”は、年を重ねても自分らしく装い、豊かで健康的な人生を送るための“美”をテーマにしました。講演会と、ファッションショーをお楽しみください。」とあいさつがありました。
 
講演会は「素敵に変わる3つの方法」をテーマに、メイクアップアーティストでスタイリストの小林洋子先生を講師に迎え、まずは、日ごろの心の持ち方やちょっとした工夫で、素敵な“雰囲気美人”になる方法について20分ほどお話がありました。
忙しい毎日の中「メイクは3分」という働く女性にもできる工夫の紹介で、「心の中でできる美容法」「古い顔の原因」「ベースメイクと眉」「拡大鏡をメイクに利用」「自分を元気にする色バランス」など、興味深いキーワードがいくつも飛び出し、「今日から変わらなくちゃ」と参加者は“決意”の表情になっていきました。
 
お話の後は、会員の樋口さんをモデルに、小林先生が実際にメイクアップの手順を披露されました。次々とアイテムを繰り出す鮮やかなプロの手さばきに感心の声があがる中、明るい表情にメイクアップされていく様子が実演されました。ヘアメイクと服装を整えて再登場したモデルの樋口さんと小林先生に、たくさんの拍手が送られました。
 
休憩をはさんで、塩尻市の食育推進イメージキャラクター“グレータス”とグレータス食育応援隊の皆さんによる「グレータス体操」が披露されました。食べることを通して考えたいこと、地元の食に興味・関心をもってもらいたいことなどを、歌詞に乗せて伝えています。グレータスと一緒に元気いっぱい踊り、会場に元気を届けました。
 
ファッションショーでは、30代から80代の14名の会員さんがモデルになり、ステージで衣装とポージングを披露しました。今年のテーマは「お家のタンスに眠っている洋服を生まれ変わらせよう」で、モデルの皆さんの持ち寄った洋服や小物が小林先生のスタイリングによってスタイリッシュに生まれ変わりました。
モデルさんの元気な笑顔に、会場からも拍手や声援が飛び、本日のクライマックスを迎えました。
(取材・編集:品田)
素敵にメイクアップメイクアップとヘアスタイリングで笑顔も晴れやかに元気にグレータス体操にっこり笑ってポージング

関連した記事