【シリゼミ】おいしくて素敵な体験!!

2012年11月29日

シリゼミ

塩尻知る知りゼミナール「シリゼミ」はとっても素敵♪

「めん喰い処 宗月」ちょこっと おそば

そば打ち
塩尻市街地から木曽方面へ向かう国道19号沿いの「めん喰い処 宗月」でおいしくて素敵な体験ができました。
ちょっぴり寡黙だけど優しい旦那様と明るく楽しい奥様の田中ご夫妻が、おそばの歴史や栄養分、素材や作り方まで詳しくわかりやすくご指導してくださいました。
夜の部の参加申し込みは多いそうですが、昼間のこの日はそば打ち歴7年のおそばセミプロ永原さんと二人の参加で、そば通ならではの話までお聞きすることができました。
おそばは、香り豊かで味もよく、栄養も豊富なバランス食品。ルチンやポリフェノールなど多くのアミノ酸も含まれて美容にも健康にもいいそうです。おそばの歴史や様々なお話とともに、目の前で実際のそば打ちを披露していただきました。ご主人の操る麺棒で、みるまに薄く大きく広がっていき、最終的は折りたたまれて、細くきれいに切りそろえられました。
そして「挽きたて、打ちたて、茹でたて」のおそばを実際にいただきました。そのまま食べるとおそばのよい香りが口いっぱいにひろがります。お塩で食べるとさらに風味と甘味がひきたちます。そばつゆにつけて、さらに深みのある味わいに。おそばの食感やのどごしも最高です。そばゆまでいただいて大満足!
シリゼミタイトルは『ちょこっと おそば』ですが『たっぷり おそば』の体験でした。

「松永堂」おうちで作る苺のデコレーションケーキ

大門五番町の住宅地にある「松永堂」で、おいしくて素敵な体験ができました。
おいしい美しいケーキを仕上げる手際のよいプロの技。コツを教わりながら間近で見ることができました。 桜リキュールの入った香りのよいシロップがスポンジケーキに塗られたあとに、きれいな白い生クリームが塗られていきます。3段重ねのケーキは、2段重ねに比べ複雑な味わいに仕上がるそうです。 クリスマスを控えたこの時期の開催はタイミングもばっちりで、これから作るケーキを思い描いて質問も飛び交いました。
たくさんのコツや技を教えていただきましたが、一番は生クリームを泡立てすぎないこと!小分けにして使ったり、前に使ったものを混ぜたりせずに、生クリームのなめらかさを損なわない工夫が大事!
出来上がった苺のデコレーションケーキは見た目も美しいですが、お味も美しかったです。プロの技で仕上げられたできたてのケーキは、おいしさ抜群で、生クリームの舌触りのよさは絶品でした。
今回参加のメンバーはすでにいくつかのシリゼミを体験した方も多く、ケーキ談義とシリゼミ体験話にも花が咲きました。
 
いずれのお店も参加者もこのシリゼミは大満足。「ぜひ次回も。来年も」「次はこんな風に」と今回の充実ぶりと次回以降への期待でいっぱいでした。 まだ参加していない方、ぜひぜひ実際に体験してみてはいかがでしょうか。
(取材・編集:吉江)
生クリームの泡立て苺のデコレーションケーキ宗月おそば

関連したサイト