【シリゼミ】へ、行かなきゃ損!

2012年11月15日

シリゼミ

「シリゼミ」へ、レッツ・ゴー!

こねて、包んで、蒸かして、焼いて、はい出来上がり!

オリジナルの手作りおやき
長野県を代表するご当地グルメの代表にはおやきがありますね。
塩尻駅のすぐ近くでおやきの店を初めて11月18日で9年目を迎える「くらやのおやき」さんに行ってきました。
指導して下さるのはオーナーの横山千枝子さんです。
参加者は、みなさんベテランの主婦の方たちです。
おやきの生地になる粉をボールに入れ、手でこねていきます。普段料理をしているから簡単かと思いきや、おやきの生地をこねるのは意外に難しそうです。こねた生地を10個に分け、それぞれ好きな具材を包んでいきます。それを蒸して焼いたら出来上がりです。
オーナーの横山さんが自家製の野沢菜に、柿、カボチャのスープでもてなしてくださいました。企業秘密であろう、お店の味を直伝して下さった横山さんのお人柄がうかがえますね。
くらやさんはなんと定番の具材はもちろんの事、オリジナルの具材が豊富で105種類にも及びます。
次回のシリゼミは、11月27日(火) 13:00~14:30 (参加費:無料) TEL 54-7745
参加者の皆さんは、「自分でプロのようなおやきを作れるようになってとても満足。」と、満面の笑みで自分で作ったおやきを、お土産に持って帰りました。
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

きれいな正月飾りで素敵な新年を!

お洒落な正月飾り
もう今年も残り1ヶ月になりましたね。
そろそろ年末年始の準備を考える時期になりましたが、新年を迎えるにあたり必ず用意する正月飾りのシリゼミに「はだ生花店」さんに行ってきました。
教えて下さるのはお店の若奥様で、羽田有里さんです。
まず、しめ縄の色選びから始まります。沢山の色があるので、それぞれ好きな色を選びます。そのしめ縄にアーティフィシャルフラワーを専用のグルーガンでつけていきます。その種類も豊富で、あれこれと楽しそうに選んでいました。あとは自分好みの小物やリボンで、デコレーションします。
どこにも売っていないおしゃれな正月飾りの完成です。羽田さんがご自分で作った素敵なコップで出してくださった、紅茶とシュークリームをいただきながらの楽しい座談会。
参加者の人たちは、安くてお洒落な正月飾りに大満足!
はだ生花店さんのシリゼミは、好評で予約がいっぱいですが、お電話で相談に応じて下さるそうです。まだ間に合いますよ、オリジナルな正月飾りで新しい年を迎えてみては、いかがでしょうか?
次回のシリゼミは、11月18日(日) 11月30日(金) 14:00~15:00 (参加費:1,000円~花材により) TEL 53-2073
 
今回の「くらやのおやき」「はだ生花店」の参加者の方たちは、このシリゼミの取り組みを、「こんな企画を待ってました。」「お店とお客の距離が近くなってとても良い。」「これをきっかけに塩尻の街が活性化すれば嬉しい。」と、言っていたのが印象に残りました。
(取材・編集:成田)

関連したサイト