ハロウィンゴスペルコンサート&ジャコランタン作り講習会

2012年10月27日

ジャコランタンコンテストで。力作がいっぱい!!

ハッピーハロウィンinしおじり プレイベント

「響ぷっち」ハロウィンゴスペルミニコンサート

ゴスペルグループ「響ぷっち」の皆さん
10月21日(日)ウィングロード1Fにて「ハロウィンゴスペルミニコンサート」が開かれました。出演は「響ぷっち」の皆さんです。
楽しいハロウィンの衣装に“ハッピーハロウィン”の曲でミニコンサートがはじまりました。“モンスター&妖怪人間”のメドレーも素敵なハーモニーで、響ぷっちの世界にどんどん引き込まれます。
シックな衣装にチェンジして、“浪漫飛行”、“あのすばらしい愛をもういちど”など客席にもお馴染みの曲では、一緒に歌ったり、手拍子が起こったり。また、新曲と紹介された“サザエさん”は、アカペラでボイスパーカッションも加わったアレンジで会場を楽しませ、最後のアンコールで客席からまたリクエストされました。
後半は“Amazing Grace”“This is the Day”“翼をください”で、響ぷっちの3人の魂のこもったハーモニーを聴かせていただき、会場にいた誰もが一つの「響」の世界の住人になってしまう、すばらしいコンサートでした。
ゴスペルグループ「響」は、保育園での出会いをきっかけに集まり8年目を迎えたグループで、普段は7~8名の編成です。今回は、ハロウィンミニコンサートのために3名で「響ぷっち」を結成。新たに選曲し、ハーモニーを作りあげたそうです。
「響」は、毎週月曜日8:00から、片丘支所で練習をしています。仲間を募集中で、興味のある方はお気軽に見に来てください。との事です。
11月のウィングロードコンサートは、11月10日(土)11:00から、美ららん(ちゅららん)さんの出演です。

ジャコランタン作り講習会&コンテスト

午後は、3時からえんぱーく西側駐車場にて、ハッピーハロウィンinしおじり2012実行委員会主催「ジャコランタン作り講習会」が、70名余りの参加で賑やかに開催されました。
ハロウィン用に「考える農業学習塾」の皆さんなどが栽培した大きなカボチャ(食用には向きません)を選び、工作用ノコギリとおたまを手に、まずは中身をくり抜く作業を開始です。
くり抜く過程も、大きなかぼちゃを選んだところは大変で、家族で力を合わせて作業を進めていました。後でフタにできるよう、ヘタの部分を形よく切ったり、文字をデザインしてくり抜いたり、皆さん工夫を凝らし、アンパンマンなどお馴染みのキャラクターや、なんとなく作者に似ている風貌のジャコランタンなど、1時間半ほどで完成となりました。
出来上がったジャコランタンを全部並べて、ジャコランタンコンテストです。ハッピーハロウィンinしおじり2012実行委員長の浜さんと、ハロウィンかぼちゃの栽培も手掛けられている県議会議員の小松千万蔵さんの審査で、受賞者が決まりました。
金賞は5歳の塩原遥真(はるま)くんで、お母さん・お兄ちゃんと参加。絵本から遥真くんがキャラクターを選んで、お母さんと一緒に作りました。
この後、希望者は持ち帰りましたが、「お父さんをびっくりさせる」と2人掛かりで大きなかぼちゃを持ち帰る微笑ましい姿なども見られ、楽しいひとときでした。
27日のハッピーハロウィンinしおじり2012も、盛り上がることでしょう。
(取材・編集:品田)
くり抜くだけでも大変な作業どんなお顔ができるかな?ジャコランタンコンテスト受賞作品

関連した記事