第22回ジャパン≪漆≫サミット開催月間図書館展示

2012年10月5日

ジャパン≪漆≫サミット開催月間図書館展示

第22回ジャパン≪漆≫サミット開催月間図書館展示

ジャパン≪漆≫サミットとは?

ジャパン≪漆≫サミットが塩尻で開催されます
9月25日~10月28日まで、えんぱーく市立図書館1Fに「第22回ジャパン≪漆≫サミット」開催月間に伴う漆器展示コーナーが設置されています。
ジャパン≪漆≫サミットとは、経済産業大臣の「伝統的工芸品」の指定を受けた全国の漆器産地23自治体の首長が一堂に会す、漆器産地の先進的な取り組み事例の研究や情報ネットワークを築き上げ、全国の漆器産業の振興に寄与することを目的に開催されるイベントです。
平成24年は塩尻市が主会場となり、10月10日にえんぱーくにて開催の予定で、塩尻市は漆工町木曾平沢にある「木曽漆器」をテーマにした内容が主になります。

塩尻市民に身近な漆器

今回の展示は、「ジャパン≪漆≫サミット開催月間」に、市民の方にも広く漆器を知っていただくための一つの機会として、展示による周知を行なうものです。
展示コーナーには
・1998年長野オリンピックメダル(製作工程)
・2012年長野アビリンピックメダル
・塩尻市内小中学校で使用している給食箸
・木曽楢川小学校・楢川中学校で使用している給食食器
・新しいデザインの漆器の提案 など
塩尻市民には身近ながら、普段は中々見られない展示品の数々です。
また、今回の漆器展示に併せ、図書館の漆器に関する図書も多数紹介されています。ぜひこの機会に借りてみてください。
えんぱーく正面玄関入り口(右側)には、塩尻市内の学校給食紹介の展示もされています。展示期間中に、ぜひえんぱーくにお立ち寄りください。
(取材・編集:品田)
学校給食食器と学校給食箸美しい長野技能五輪アビリンピック2012のメダル

関連した記事